【もっと便利に暮らすために♪洗濯スペースの工夫について】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年11月19日

    【もっと便利に暮らすために♪洗濯スペースの工夫について】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    家事の中でも特に負担の大きいものが「洗濯」ですよね。意外と時間をとってしまいますし、洗濯物を持ち運ぶのはけっこう重労働。そこで、少しでも洗濯がラクになるような家づくりの工夫を紹介したいと思います♪

     


     
    ■ランドリースペースから直接出られる「サンルーム」
     
    日光を多く取り入れるためにガラス張りで作られたスペースを「サンルーム」と呼びます。屋根や壁面すべてがガラスになっていたり、壁面のみがガラスだったりとさまざまあり、壁面を開放することで外の心地よい風を取り入れるテラスのようにすることもできます。

     
    外の環境と明確に区切ることで、雨の日でも火山灰の降っている日でも気兼ねなくお洗濯ができるんです。共働きのご家庭の場合、夜にお洗濯をすることもありますのでとても便利ですよね。

     
    実際、重たい洗濯物をもって二階のベランダにあがる…となるととても大変なので、すぐそばにサンルームがあるだけでお洗濯がグッとラクになりますよ♪

     


     
    また、お休みの日にはサンルームを活用してベランピングを楽しむことも!ベランピングとは、自宅のベランダにアウトドア空間をつくってゆったりと過ごすライフスタイルのこと。サンルームのドアを開放して、そこでバーベキューを楽しむことができるので、自宅で楽しめる時間がもっと増えるかもしれません♪

     
    洗濯スペースに一工夫をいれることで、毎日便利になるのはもちろん、お休みの日の楽しみまで増えてしまいそうですね♪ぜひご参考にしてみてください!

ページ
TOPへ