【夏でもお家の温度ムラが小さく、快適なお家をつくるために…】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年7月30日

    【夏でもお家の温度ムラが小さく、快適なお家をつくるために…】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    前回に引き続き、夏でも快適なお家をつくるためのポイントについてご紹介いたします♪

     


     
    ■お家をしっかり断熱材で包み込むこと!
     
    ほとんどの住宅でも行われていることですが、高気密・高断熱の住宅を建てるということです。南洲建設の標準仕様「発泡ウレタン断熱」は、高気密・高断熱の快適なお家をつくることができます。しかし、土地の条件や様々な気候条件により気をつけないといけない点があるため、お家の温度ムラが生じやすい箇所の対策が重要になります。

     
    ■お家の熱流入・損失を考えるにあたって、窓が一番の弱点!
     
    窓はその性質上、断熱材でくるむことができないため、夏は熱が入ってきやすく冬は熱が逃げやすいポイントとなってしまいます。だからこそ、窓の対策はとても重要です。まず、夏場も冬場も熱の出入りがしにくい、断熱効果の高いLow-Eペアガラスを使用するのが良いでしょう。

    そして、夏場に熱い日差しが降りそそぐような窓には、外から入ってくる熱をカットしてくれる遮熱タイプのLow-Eペアガラスを活用するのをオススメします。

    窓の向いている方角、その大きさ、熱損失の度合いなどを鑑みて、適切な対策をとるのが大切です。

     


     
    たかが窓と思われるかもしれませんが、住み始めてからの快適さが全然違いますので、ぜひ窓の断熱・遮熱については、プロの意見をしっかり反映させて選択されるのをオススメします。

     
    南洲建設では、鹿児島の気候やお客様の土地の条件に合わせて、適切なアドバイスを心掛けております♪

    ぜひ一度ご相談ください!

ページ
TOPへ