【夏でも快適に過ごしたい!お家の温度ムラが生じる理由は…?】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年7月28日

    【夏でも快適に過ごしたい!お家の温度ムラが生じる理由は…?】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    暑い日が毎日続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

     
    これだけ暑い日が続くと、お家では冷房が欠かせません。でも、どうしても冷房の無いお部屋や廊下、お手洗いなどはどんどん暑くなってしまいがちですよね。このように、お家の中でも温度ムラが生じてしまうことが非常に多いんです。

     
    こうしたお家の中の温度ムラが生じてしまう理由を改めて考えていきましょう!

     


     
    「夜になってもお家の温度が下がらず、寝苦しい…」

    「廊下やお手洗いが暑すぎる…」夏場によく聞かれる悩みですが、これらの原因は「外からの熱が余計なところから入っているから」です。

     
    お家の中で外からの熱が入りやすい場所があったり、逆に熱が逃げていきやすい場所があったりすると、温度ムラが生じてしまいます。

     


     
    気密性や断熱性の低い家では、壁や窓から熱気や冷気がどんどん侵入してきます。

    外の暑さや寒さをしっかりとブロックして、夏も冬も快適に過ごしていくには、家を断熱材でしっかりと包み込み、お家の断熱性能を十分に高めることが重要です。

    また、外からの熱を遮っていくには、遮熱性能も大切なポイント。それぞれを鑑みたお家づくりをすることが、快適なお家をつくるためには重要です。

     
    次回は、温度ムラの少ないお家をつくるためのポイントを一つずつ見ていきましょう♪

    お楽しみに!

ページ
TOPへ