【カラーコーディネーターに聞く!梅雨の時期にある色づかいは…?】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年6月4日

    【カラーコーディネーターに聞く!梅雨の時期にある色づかいは…?】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。

    カラーコーディネーターの資格を持つ当社の中間に、その時期や季節に合わせたコーディネートを聞いている本コラム。

    今回は、梅雨の時期に合う色づかいについてです♪

     


     
    梅雨といえば、紫陽花(あじさい)のグラデーションが美しい季節です。

    今回は、そんな紫陽花の色でもある「紫色」についてご紹介します♪

    紫色は青と赤が混ざり合っており、赤紫から青紫まで幅広い色域がとても魅力的な色です。

     
    「動の赤」と「静の青」という相反する色が共存しており、「高貴と下品」「神秘と不安」などの二面性を持っています。

    人の感性を鋭くし、インスピレーションを高めてくれる力もあります。

     
    そんな紫色の心理効果としては、

    ・想像力をかき立て、完成を豊かにする

    ・緊張や不安を癒してくれて、穏やかな気分になる

    ・心と身体の回復を促してくれて、睡眠を促す

    以上のような効果もあります。

     
    なんと紫は、心や身体のバランスを整えてくれる効果も。

    筋肉の緊張の緩和、感情の乱れの自己回復、気分を落ち着かせてくれるなど、優しく包み込んでくれるような色でもあります。

     


     
    このように、睡眠にも嬉しい効果を持っている紫色。

    寝室に少し取り入れてみるのはいかがでしょうか。

    気分が安らかになること間違いなしです。

    個人的には、紫色の小物を飾るのをオススメしています。

     
    最後に、紫色の雑学についてご紹介しますね♪

    ■紫色は古来より、地位の高さを象徴する色で、高貴な色とされていました。

    ■昔々、紫の染料はとても効果で、富と王家の象徴ともされていました。

    ■聖徳太子の定めた「冠位十二階」でも、最高位の色です。

    ■相撲で最高位の行司が使用する軍配の房の色も、紫色!

     
    紫色は歴史的にもとても高貴な色です♪

    ぜひ参考にして、ご自宅に紫色を取り入れてみてくださいね!

ページ
TOPへ