【「高気密住宅」とよく言われるけれど、どういうこと?】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年5月26日

    【「高気密住宅」とよく言われるけれど、どういうこと?】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    今回は家づくりについて調べていると良く出てくる「高気密住宅」について、改めて丁寧にご紹介をします!

     


     
    ■高気密住宅とは…?
     
    外部との隙間が少ない、気密性の高い家のことを高気密住宅と言います。

    家を建てるときに生じやすい小さな隙間も、建築素材や断熱材、気密テープなどで埋めています。

    外気の侵入をしっかり防ぐことで、室内の気密性を高めた住宅なんです。

     
    外からの熱をシャットアウトする高断熱とセットで重要な高気密。

    高断熱と高気密が揃うことで、室内の温熱環境が外に逃げにくくなります。

    一度冷房で屋内を冷やすと、外が暑くても室内は涼しいという空間が保てるというわけですね。

    何度もフルパワーで冷暖房をかける必要がなくなるので、その分光熱費を抑えることができます。

     


     
    ■現在は、高気密住宅は基本的な性能!
     
    高気密・高断熱の住宅が住む人にとっても、地球環境にとっても良いことが提唱され続けているため、既に「高気密高断熱」は基本的な性能になってきています。

     
    もちろん南洲建設でも高い性能のお家づくりを行っており、さらに「換気」の部分に力を入れています。

     
    高気密の住宅の弱点は、空気が屋内にこもりやすくなったり、それに伴い湿度が高くなったりする点。

    そこで必要となる換気の方法に工夫をしています。

     
    また、現在多くの換気システムが開発されており、より効果の高いものを取り入れようと、社内で勉強・調査を進めています!

ページ
TOPへ