【断熱と併せて大切な、遮熱の話】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年4月30日

    【断熱と併せて大切な、遮熱の話】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    家づくりの際に良くアピールポイントにもなっている「断熱性能」。

    暑さ対策を考えると、同じくらい「遮熱性能」も大切なんです!

    そこで今回「遮熱」についてお話をします。

     


     
    断熱は熱を伝わりにくくすること。

    それに対して遮熱は、光を反射させて温度の上昇を防ぐことをいいます。

    断熱はお家の壁面・窓に行うのが一般的ですが、遮熱はお家の屋根や窓に行います。

     
    例えば、窓の上部にひさしをつけたり、屋根に遮熱用の塗料を塗ったり、窓を遮熱対策用のものを選んだり。

     
    基本的に家全体は断熱を行っていくのが大切ですが、

    日照りが多くて大きな窓には、遮熱対策まで行うとベストです。

    特に夏の暑さが気になるような地域はマストといっても過言ではありませんので、鹿児島の家づくりであれば必要になってきます♪

     
    遮熱をきちんと行うことによって、夏場に熱くなりがちなお部屋の室温上昇を抑えられるため、冷房に使うエネルギー・電気代のカットに繋がります。

    エアコンの性能を上げたり設定温度を下げたりするよりも大きな効果が出ますので、お困りの方はぜひ遮熱対策を検討してみてください♪

     


     
    遮熱対策における注意点は、必要な太陽光までもカットしてしまうことがある点です。

    冬場に取り入れたい太陽光の暖かさを跳ね返してしまうこともあるため、必要以上に対策を行うのではなく、暑さに困る窓だけにとどめておきましょう。

     
    断熱・遮熱のそれぞれを十分に検討した家づくりであれば、ぜひ南洲建設にご相談ください♪

    今お住まいのお家の断熱・遮熱対策も大歓迎です♪

ページ
TOPへ