【南洲建設の昔話をご紹介!~南洲建設ヒストリー~】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年3月12日

    【南洲建設の昔話をご紹介!~南洲建設ヒストリー~】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です!

    今回は南洲建設の歴史について、少しではありますがご紹介できればと思っています。

     
    ■1977年(昭和52年)6月に南洲建設は創業しました
     
    現社長の父が創業し、それ以来ずっと鹿児島で家づくりに携わっています。

    もともと創業者は車関係の仕事を行っていました。

    そんな中、家づくりに携わっていきたいという想いのもと、住宅関係の会社に転職、様々な知見を蓄えたうえで独立し、南洲建設をたちあげることになりました。

     
    ■その後、現社長に引き継がれて現体制へ
     
    現社長は高校・大学で建築を学び、一度地元のゼネコンへ就職をしました。

    そこで社会人経験・様々な建築に携わり修行をしてきました。

    そして、ちょうどそのころ、南洲建設はパナソニックビルダーズグループ(当時の名前は、松下電工NAISビルダーズグループ)に加盟をして、耐震工法テクノストラクチャー工法の家づくりを開始します。

    そのタイミングで前社長から「戻ってきて南洲建設の家づくりに携わってほしい」との声掛けがあり、現社長の体制に引き継がれました。

     


     
    ■それ以来、17年間テクノストラクチャー工法を提供し続けています
     
    南洲建設は、ずっとテクノストラクチャー工法を軸に据えて、この鹿児島の地で家づくりを行ってきました。

    鹿児島の風土・環境に合った耐震住宅を考えるにあたって、最高の建築方法だという自負があります。

     
    これからも引き続き、常に進化を続けるこの工法と共に、皆様に安心・安全の家づくりを提供し続けていきたいと思っています。

     
    そんな南洲建設をこれからもよろしくお願いいたします。

ページ
TOPへ