【寒い冬に体感してほしい!断熱のこだわり。~その2~】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年2月13日

    【寒い冬に体感してほしい!断熱のこだわり。~その2~】

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。

    前回から始まった南洲建設の「断熱のこだわり」についてのお話。

    今回は家づくりの断熱の基本となる、壁内の断熱についてご紹介します!

     


     
    ■南洲建設は吹き付け断熱の「アクアフォーム」を採用♪
     
    壁内の断熱というと、壁の中の空いている部分に敷き詰めるように施工を行います。

    しかし、一般的な断熱材ではその施工の良し悪しで、断熱材のスキマが生まれてしまいやすい傾向があります。

     
    断熱材は、スキマが空いてしまうと一気に断熱効果が薄れてしまいます。

    寒い冬の日に、一か所わずかに窓を開けるだけでお部屋全体が寒くなってしまいますよね。

    同じように断熱材もスキマなく敷き詰めることが重要です。

     
    そこで南洲建設では、壁内に吹き付けて充てんするタイプの断熱材を採用しています。

    これにより、一定の断熱に関する品質を保つことができるんです。

    また、アクアフォームという断熱素材の断熱効果も高いんですよ!

     


     
    ■アクアフォームのお家は、夏涼しくて冬暖かいお家!
     
    アクアフォームを使ったお家は、外気温の影響を受けずに安定した室内温度を保てます。

    だからこそ、1年を通して温度差が小さく心地よい暮らしを実現できるんです。

    また、土地の条件を選ぶことなく基本どんなお家でも使用できるのも良さの1つ。

    高性能なお家を全ての人にお届けできるんです。

     
    次回は、断熱の大敵「開口部」を支える建具をご紹介します♪

    それではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ