【新年のご挨拶~南洲建設、2020年の抱負~】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2020年1月7日

    【新年のご挨拶~南洲建設、2020年の抱負~】

     
    南洲建設の広報担当です♪

     
    本年も南洲建設では、パナソニックのテクノストラクチャー工法を中心に、災害に強い家づくりを行ってまいります。
    テクノストラクチャー工法は一般的な木造建築の梁に鉄を組み合わせたオリジナルの複合梁を使用。

    木の良さと鉄の強さを組み合わせた地震に強い工法です。

     


     
    鹿児島・九州全域でも、地震をはじめとする数多くの災害がありました。

    一晩で一気に、これまでの生活が一変してしまう恐ろしさがあります。

     
    地球温暖化などと相まって、現在未曽有の大災害も起こりうる状態です。

    だからこそ、私たちはそれに対応できるような家づくりをこれからも引き続き行っていきます。

    地震そのものに強い家づくりはもちろん、停電対策に繋がるような蓄電池・太陽光のご提案や備蓄倉庫などもトータルでご案内します。

     


     
    そして、安全・安心の住まいとしての提供だけでなく、そこに住む家族が「心地よく暮らせる家」となるように。

    住むだけで心が豊かになれるような家を目指していきます。

     
    外で過ごすよりも、家の中にいるのが一番。

    仕事や学校で疲れて帰ってきたら、家にいるだけで元気をチャージできる。

    そんな家を提供できる住宅会社を目指して頑張っていきます。

    2020年も南洲建設をよろしくお願い致します!

ページ
TOPへ