【今年も多かった台風。テクノならばしっかり耐風!】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年11月12日

    【今年も多かった台風。テクノならばしっかり耐風!】

     
    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。

    今年も数多くの台風が日本列島を通り、各地に甚大な被害がありました。

     


     
    今後このようなことが無いことを祈っていますが、大切な家や家族を守るためにも、万全の台風対策を考えていくことが重要ですね。

     
    今回は、こうした家づくりにおける台風対策のお話をご紹介します。

     
     
    ■「耐震」のように「耐風」の基準がある!
     
    以前よりご紹介しております、パナソニックのテクノストラクチャー。

    地震に強い!ということはお伝えしていましたが、実は台風にも強いんです。

     
    住宅の品質を保証する基準の一つに「耐風等級」というものがあります。

    ちなみに地震に対する基準は「耐震等級」というものがあり、テクノストラクチャー工法は最高基準の「耐震等級3」を取得できます♪

     
    そして本題の「耐風等級」についても、テクノストラクチャー工法では最高基準である「耐風等級2」を取得できます!

     


     
    そもそも「耐風等級1」というものが、

    「極めて希に(500年に1度程度)発生する暴風による力に対して倒壊や崩壊せず、

    稀に(50年に1度程度)発生する暴風による力に対して損傷を生じない程度」

    という風に定められています。

     
    さらに上の「耐風等級2」は、「耐風等級1」の1.2倍の強度を誇るんです!

    だからこそテクノストラクチャー工法であれば、台風にも安心の家づくりができてしまうんですね。

     
    ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ