【寒い季節が到来!暖かいお家をつくるための一工夫は?】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年11月7日

    【寒い季節が到来!暖かいお家をつくるための一工夫は?】

     
    こんにちは♪南洲建設の広報担当です。

    少しずつ冬が近づいてきているのを、寒さで感じるようになってきましたね。

     


     
    お家づくりでも話題にあがるのがこの「寒さ対策」ですが、意外と簡単なところに注意をするだけで、大きな効果を出せることもあるんです!

    そこで、家づくりの際に低コストでできてしまう、冬場の寒さ対策をご紹介します!

     


     
    ■その1:開口部を必要以上に設けない。
     
    断熱のことを考える際に、とっても大切なのが「開口部」のところ。

    開口部とは、窓やドアなどの出入り口にあたる部分のことを指します。

    もちろん採光や通風、見栄えなどのために必要ではあるのですが、どうしてもそこが断熱の弱点になってしまいます。

     
    基本的に家の断熱材は壁の内側に敷き詰められており、外からの暑さや寒さを遮ってくれる役目を果たしています。

    しかし、窓の部分はその機能をあまり持っていません。

    断熱性能を高めた窓などももちろんあるのですが、壁内の断熱材にはどうしても敵わないんです。

     
    だからこそ、必要以上には開口部を設けずに、自分たちが本当に欲しい箇所にしっかりと設けるようにしましょう♪

     


     
    ■その2:特に注意すべき方角は、北!!
     
    やはり北側は日がほとんど差し込まないので、どうしても家の中の暖かさが逃げていくスポットになってしまいます。

    そのため北側のチェックは怠らないようにしましょう。

     
    もしもどうしても北側に窓が必要という場合は、断熱性能の高い窓ガラスを設けることを基本として考えるのが良いですね。

     
    以上のように、暖かい家づくりを考えるときには必要以上に窓を設けすぎない!を合言葉にしていくのがよいですね♪

    ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ