南洲ホームの家づくりストーリー3 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年10月31日

    南洲ホームの家づくりストーリー3

     
    ダークカラーを基調とした、ヴィンテージインテリアが似合う家
     


     
    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。お客様との家づくりストーリーを営業担当から聞くこのシリーズ、今回は担当から東谷山1丁目N様邸のお話を聞きました。

     
    ◆ご希望は“ヴィンテージ風のカッコイイ家”
    Nさまとの出会いは?「当社で分譲していた土地の近くにお住まいで、お散歩中に気になってお問合せくださったのがきっかけ。落ち着いた感じのご夫婦で、ヴィンテージ風の外観と内装でカッコよくまとめたいとのご希望を聞かせてくださいました」。

     
    ◆すてきなお庭と家事効率の良い動線を実現
     


     
    Nさまご夫婦それぞれにこだわりがあったそうですが……「ご主人は造園関係のお仕事をされていて、作りたいお庭のイメージを具体的に持っていらっしゃいました。共働きでお忙しい奥様からは、家事効率を良くするためにキッチンのそばに水回りをまとめ、陽当たりのいいところにサンルームがほしいとのご要望。もちろんどちらもしっかり実現しました!ブラウン系のカッコイイ対面キッチンと、そこに付けた造作カウンターも良いものができまましたよ」。

     
    ◆広さを生かした空間で「快適!」
    お引渡しから3年くらい経っていますが、今の暮らし心地はどうなんでしょう?「定期メンテナンスで伺うたび『快適!』とおっしゃってます。Nさんはリビングにあまり物を置かないので、テクノストラクチャー工法ならではのリビングの広さと陽当たりの良さが生きているなあと嬉しくなりますね。ダークなウォールナット色の床を使っているのに暗くならないのもいい感じです」。

     
    大好きなインテリアと開放感のある空間で心豊かに過ごされているご夫婦の姿が目に浮かびました。これから家づくりを考えている方、ぜひご参考にしてくださいね。

     
    ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ