【南洲建設のぶっちゃけ!スタッフ紹介 第5回】 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年11月21日

    【南洲建設のぶっちゃけ!スタッフ紹介 第5回】

     
    「鹿児島の土地探しはおまかせあれ!不動産のプロ、平原店長です♪」

     
    こんにちは♪南洲建設の広報担当です!

    当社のスタッフについてご紹介しているこのシリーズ、今回は店長の平原の登場です♪

     


     
    ■鹿児島中の不動産会社さんが頼ってくるほどの不動産のプロ!?
     
    平原店長のもとには、いつも色んな業者さんがご挨拶に来られていると聞いていますがどうしてなのでしょうか?

     
    平原店長「これまで私は不動産業界で約半世紀ほど働いてきました。2,000件ほどの土地の仲介に関わり、数十億円分の取引のサポートをしています。大変ありがたいことに、これまでの経験やお付き合いをもとに、多くのハウスメーカーさんや地元の業者さんが頼ってきてくれます。」

     
    そんな平原店長が、南洲建設で働かれるきっかけは何だったのでしょうか…?

     
    平原店長「入社したのは8年ほど前ですね。前の会社で働いていた時に、とある土地の取引をしていた時に、(南洲建設の)会長と出会いまして。そこで初めてテクノストラクチャー工法も知ったんですね。とても良い家づくりをしていて、誠実な会社さんだと思ったんです。前の会社を退職する際に、次のステップを考えていたところでお声掛けを頂きました。出会った時の印象、会長のお人柄、そして家から近いことが決め手になりました(笑)」

     


     
    半世紀もの間不動産・建築業界で働かれる中で、大切にされていることは何ですか?

     
    平原店長「人と人との繋がりや、地域との繋がりを大切にすることです。不動産業界は他の業界に比べても大きな金額の動くお仕事です。だからこそ絶対に目の前のお客様に対して、より誠実に向き合わないといけません。人を泣かせる仕事は絶対にダメだと思って働いてきました。その信念でこれまで働いてきましたし、これからも取り組んでいきたいと思っていますよ。」

     
    とても含蓄のあるお話をたくさん聞かせていただきました!

    ぜひ土地のことで困ったことがあったら、平原店長にお声掛けください♪

     
    ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ