南洲建設のぶっちゃけ!スタッフ紹介 第4回 | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年9月3日

    南洲建設のぶっちゃけ!スタッフ紹介 第4回

     
    「屋久島生まれのフレッシュマン 営業 岩川将太朗」
     
    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。スタッフの素顔に迫るこのシリーズ、今回は入社1年目のフレッシュマン、工務の岩川をご紹介します。

     
    ◆ビジネスのカオ~異業種から憧れの建築業デビュー!~



     
    今年1月に、当社のお客様からのご紹介で入社した岩川。前職は地元屋久島の空港スタッフだったそうですが、なぜこの業界に?「建築関係の知り合いが多くて、働く姿を見たり話を聞いたりしてカッコイイ!と憧れていたんです」。実際に入社してみてどうですか?「最初は業界用語も鹿児島の地理もわからず不安でしたが、先輩達が親切に教えてくれるので少しずつ仕事を覚えることができています。お客様に安心していただくため、聞かれたことはすぐ答えられるように勉強をがんばっています」。頼もしいです!

     
    ◆プライベートのカオ~地元LOVEな釣り好き男!~



     
    趣味は何ですか?「小学生から釣りが好きで、屋久島では山ノ瀬という磯によく行っていました。鹿児島に住んでからは阿久根に行っています」。釣った魚はどうしているんですか?「イカ釣りをするのですが自分でさばいて食べますし、魚の三枚おろしもやりますよ」。すごい!

     
    そういえば、よく種子島出身の井元課長と“地元バトル”していますよね(笑)「そうなんですよ!屋久島にはロケットはないけれど世界遺産屋久杉があるし、観光地としての人気度は勝っていると思うんですよね!」思わず地元愛があふれる、岩川なのでした。

     
    ◆代表吉時にも聞いてみました



     
    代表吉時から見た岩川は?「真面目でコツコツ、穏やかなタイプ。まだ慣れていないだろうけれど、頑張っていますよね。大事に育てたいです。毎日自分でお弁当を作ってきていて料理上手。カラオケはちょっとヘタクソかな(笑)」吉時の笑顔から、岩川への愛情がにじみ出ていました。

     
    皆さま、南洲建設の若いチカラにご期待いただけたら嬉しいです!

     
    ではまた、次回の更新でお会いしましょう!

ページ
TOPへ