カラーコーディネーターに聞く!涼しさを演出する色づかいのコツ | パナソニックビルダーズグループ 株式会社南洲建設

MENU

地震に強い家、ゆとりの暮らしを実現するテクノストラクチャー工法の家 株式会社南洲建設

スタッフブログ

  • 2019年7月30日

    カラーコーディネーターに聞く!涼しさを演出する色づかいのコツ

     

    「夏らしい色や素材の取り入れ方は?」

     

    こんにちは♪ 南洲建設の広報担当です。このシリーズでは、カラーコーディネーターの資格を持つ当社の営業アシスタント中間に暮らしを彩る色づかいのコツを聞いていきます。今回は、涼しさを演出する方法について話してもらいました。

     

    ◆インテリアグッズでブルーを取り入れる

     



     

    夏のカラーと言えばブルー。中間流のオシャレな取り入れ方は……「ファブリックパネルや、絵画を入れたフレームを壁に飾るとステキです。また、濃淡さまざまなブルーのクッションを並べておくのもカワイイですよ」。なるほど、大掛かりな模様替えをしなくても、今のインテリアにプラスアルファするだけで涼しげな印象の部屋になるんですね。

     

    ◆夏らしい素材を使う

     



     

    「色だけでなく、素材も夏らしいものにするのもオススメです」と中間。「ラグを麻素材にすると足元から夏を感じられます。カーテンを透け感のある生地やすだれに替えたり、寝具をシルクなど肌触りの良い素材にしたりする方法もありますよ」。視覚からも触覚からも心地良さを感じられそうですね。

     

    最後に中間は、「こうじゃないとダメという決まりはないので、好きなものを自由に取り入れてみてください。色や素材を合わせると統一感を出しやすいですよ」と言っていました。

     

    まだまだ暑い日が続きますが、涼感を演出するインテリアで乗り切っていきましょう!


ページ
TOPへ